日本調査業協会加盟
      山口県調査業協会登録No.2298
  • 社団法人日本調査業協会は、内閣総理大臣(国家公安委員会)許可を受け、警察を監督官庁とする日本で唯一全国組織として公認された公益法人です。
    当社は山口県調査業協会事務局として活動していますので、山口県で探偵・興信所に依頼をし調査トラブル・苦情等がございましたら遠慮なくご相談ください。悪徳業者を根絶する活動を行っております。
ソリューション画像
友だち追加数
feed
その不安を解消するには、『真実』を知り、向き合うこともひとつの方法かも知れません。

素行調査・監視調査

Home » 素行調査・監視調査

素行調査・監視調査について

浮気・不倫に限らず、ターゲットの素行を確認する調査が素行調査です。

素行調査が必要な状況としては下記の様な場合がございます。

パートナーとなる結婚相手の素行調査。

結婚される前にパートナーの様子がおかしいと感じた場合は、素行調査を行う事は間違いではありません。

実際に後悔する可能性が高いと思われる結婚を回避できた場合や、相手の問題を解決できたケースがございます。


ストーカー等からの不審人物特定確認調査。

ストーカー被害にあっている場合やある人物に監視されている等、特定調査や監視調査を行います。


ビジネス取引に於いての相手先の重要人物素行調査。

自社の社員の横領や取引先の特定人物の素行調査などを行います。


依頼者の調査目的に応じて、同じ素行調査でも調査のポイントが変わります。そのため、探偵フォーチュン山口では事前に打ち合わせをさせて頂き、最善のご提案を行います。



探偵社フォーチュンだから、ここまで出来る!

浮気 素行調査の相談例

  • 夫の浮気調査例
  • 妻の浮気調査例
  • 素行調査例

[依頼概要]
職場と家との往復で女性を会う時間などないはずの御主人を、それでもオンナの勘で『絶対に浮気している』ということで調査を依頼されました。
毎日6時半には帰宅し、土日も子供達と過ごすことが多い御主人(43才)は、10年以上前から趣味と体力作りを兼ねて、ほぼ毎日、夕食後に自転車で走るという習慣があった。
時間は約1時間ほど。奥さんの証言通りであるとすれば、このサイクリングの時間しかない。

[調査結果]
調査開始から3日目。この2日間のルートと逆の方向へ自転車を走らせ、4キロ先のあるマンションに駐輪すると、8階まで階段を走り登った御主人は、その中の一室に入っていった。1時間後その部屋から走り降り、また自転車を飛ばして自宅に帰ったのだが、時間にして丁度1時間半。結局、1週間に3度この部屋を訪れていた。後の調査で、この部屋に住むのは同僚の独身女性であることが判った。長年の習慣の中に浮気の時間をうまく組み込んだつもりの御主人であったが、奥さんの勘は欺けなかったのである。

[依頼概要]
『妻は最近様子がおかしいが、それは浮気をしているからだろうか?』というお問い合わせは、結構多いものである。Hさん(42才)は、奥さん(41才)が身なりに気をくばるようになり、5キロもダイエットし、香水をよく付けるようになったことで、浮気をしているからだろうか?と心配になり、相談に来られたのだった。
『妻とはとてもいい関係で、浮気をするなんで考えられませんが、たとえそうでも私はまだ小学生の子どもの為に、離婚する気はありません。とにかく妻が浮気をしているとしたら、相手は誰で、どんな人物なのか知りたいと思います。』ということで、5日間の日程で調査をする事になった。

[調査結果]
調査開始2日目、専業主婦のお奥さんは子どもを学校へ送り出した後、昼前になってバスで外出した。1時間後、あらかじめ連絡を取り合っていたと思われる男性の車へと乗り込んだ。そしてスーパーの惣菜コーナーで買い物をし、その惣菜持参でラブホテルへと入って行った。証拠映像のビデオに映っていた相手の男は 30才代半ばで、身長160センチぐらいの小男。細身、髪は茶色に染め・・・。『やっぱり・・・でも意外です。「男性は背が高く、がっしりしていないと」が妻の口癖だったのに・・・。』と、身長185センチのHさんはがっくりと肩を落とされた。

[依頼概要]
娘の婚約相手がどんな男性か知りたい。娘は既に妊娠4ヶ月だから早急に調査をしてほしい。それは切なる願いだった。

[調査結果]
我々は、さっそく身辺調査を開始した。 依頼者からの情報では、この男性は元会社経営者であり、前妻との離婚の際に一軒家の自宅と会社を取られ、現在は某大手建設会社の本社に勤めているという。
調査資料に目を通している調査員がおかしな事に気が付いた。婚約者の男性が住んでいる場所と勤務先が500km以上離れている。これは何かの間違いだと思った調査員は、地元の支所を調べてみたが、どうも住所地が違う。勤務先の情報自体が間違っている可能性もあるため、出勤する婚約者を尾行調査をすることにした。
翌日、依頼者の娘さんの部屋から出勤する婚約者を尾行する。しかし、地下鉄を乗り継ぎ向かった先は、住宅地の中に建てられた安アパートの一室。とても会社の事務所には見えない。
これはおかしいと思い調査を進めてみると、なんとこの部屋は前妻が住んでいる部屋であると判明!
偶然この日だけかと思い数日間に亘り婚約者を尾行したのだが・・・
婚約者は会社に行くと言い、前妻の部屋へ!
実家へ帰ると言い、前妻の部屋へ!
出張へ行くと言い、前妻の部屋へ!という日々を繰り返していた。
依頼人からの情報では、前妻は離婚の際に一軒屋を取ったということだが、この安アパートは一体・・・
我々は不審な点が多いこの婚約者を徹底的に調査し、全ての事実関係を明らかにした。それは、真実は離婚歴だけという事実!
結局、元経営者という話も、前妻に自宅を取られたという話も全部嘘!
しかし、それを知った時には、既に妊娠4ヶ月。なんとも複雑な心境になった調査でした。
その他の調査例はコチラをご覧下さい。

調査の流れ

調査の流れを記述

調査に入る前のカウンセリング段階では、料金が発生することはありませんので、ご安心下さい。
調査後に、万が一配偶者の不貞が発覚した際にも、『離婚問題』や『慰謝料問題』、『親権問題』など、これらに対する法的な対応策なども、弊社選任の弁護士を通じてアドバイス及びフォローを行なうことも可能です。

詳しい調査の流れはコチラをご覧下さい。

よくある質問と回答

よくある質問と回答
よくある質問と回答
よくある質問と回答
よくある質問と回答
その他のよくある質問と回答はコチラをご覧下さい。
ひとりで抱え込まないで…。解決への糸口は、一歩先へ進む小さな勇気から。
探偵社フォーチュンへご相談ください。貴方の『一歩』を全力で応援します。
西日本最大級の情報ネットワークとノウハウを最大限に活用!だから、フォーチュンは正確で迅速な調査を「格安」で可能にします!!

Copyright©2017 FORTUNE All Rights Reserved.