依頼内容

とても明るい子だったCさん(中学2年)が急に家で喋らなくなり、学校での事や友達関係のことを聞くと『言いたくない』とひどく荒れるようになった。

ひと月ほど前、C子さんがスーパーで万引きをして捕まった時、他に何人かいた連れの名前をどうしても口にしないので、思わず叩いてしまったが、娘は泣き崩れて『いじめられている』『名前を言うともっといじめられる』と、やっと両親に訴えたという事だった。

万引きをしたのも『しないと一生いじめてやる』と言われ、命令されるままに何度か罪を犯したと打ち明けた。

仲良しだったはずの4人グループのうち、C子さんが突然いじめられる側に回ったのは半年前だったという。

調査結果

C 子さんが校門から出てくるのを待っていた3人はC子さんを取り囲むようにして歩く。

一見仲良しグループの下校時の風景であるが、女の子達が笑顔で話す内容は『この前の万引きの事、ばらしたら殺す』『お金を1万円出せ』であった。

この会話の録音とビデオ撮影の証拠により、C子さんはついに陰湿ないじめから逃げられる事が出来た。