依頼内容

なんとなく怪しいと思い出したのは半年くらい前の事です。

それまで、会社帰りに飲み歩くことはあったものの、特に自然に振る舞っていたのですが、その頃から、私が夫の携帯に触ろうとすると異常に反応したり、時々ベランダに行って携帯をいじっていたり、いつも私が選んで買ってきていたネクタイを自分で選びたいと言い出したり。

そんなちょっとした変化が妙に気になって、夫が出張の時や帰宅が遅い時など、子どものいない我が家で独りで過ごす私は、いろいろと想像してイライラすることが多くなりました。

そんな事もあって、私自身も飲酒の量が少しずつ増えてしまい体調も良くないので、もし本当に浮気だったら、、、と不安ではありましたが、調査を依頼することにしました。

調査報告

依頼を受けて、依頼人から伝えられた夫の帰りの遅い曜日を集中的に素行調査を行いました。

調査を行なった1ヶ月間のうち3度ほど、会社の同僚と赤ちょうちんで飲んだ後、接客型の古いタイプのスナックで深夜まで過ごし、店から出たところを、従業員の女性に見送られながら嬉しそうに手を振り「またメールしてね」というような声をかけられたりしていましたが、その他に特に女性と密会するような事実は確認出来ませんでした。

結局この夫に浮気の素行はなく、依頼者の思い違いであったという結論に至りました。

依頼人の奥様は、かなりスッキリされたご様子で満面の笑顔でお帰りになられました。