依頼内容

持ち家のある地元から離れるわけに行かず、妻を残して大阪へ赴任中です。
子どもはいません。

2年が経過し、こちらであと3年は頑張らないとならない状態ですが、赴任して1年目を終える頃には、2日おきには電話がかかって来ていた妻ですが、最近では、こちらからするか、何か用事があるとき以外は、メールで済ますようになりました。

まぁ、慣れというかそれはしょうがないと思うのですが、以前、業務上のトラブルで急遽日帰りで本社に戻った際に、自宅に置き忘れていたものがあってついでに取りに寄ったのですが、妻に連絡を入れようとするも繋がらず、連絡なしで帰ったのです。
その時の妻の慌てぶりがずっと気になってしかたありません。

特にその時人が居たような気配はなく、他に物的な証拠があった訳ではないのですが、あれから、大阪のアパートで一人でいる時はもちろん仕事中も、その事が脳裏に浮かび落ち着きません。

家のローンもあるし、もし本当に浮気だったらどうしようかとかなり悩んだのですが、今回覚悟を決めて調査を依頼することにしました。

調査報告

結論から言うと、この妻に浮気の素行はありませんでした。

仲の良い奥さん友達が数人居て時々ご自宅で談笑したりという事はありましたが、夫が居ないことをいいことにして、友人達と派手に外食三昧ということもなく、質素で慎ましく暮らしている様子で、客観的に見ても好感が持てるという印象を持ちました。

報告書をお渡しすると依頼者の夫は、妻に対して疑って申し訳ないというような事をおっしゃっていましたが、ずいぶん安心されたご様子でした。

しばらく経って、奥さまがご懐妊されたということで喜びのご報告の連絡をいただき、忘れられない依頼のひとつとなりました。