依頼内容

依頼者は30代の男性で、妻の浮気調査を依頼していただきました。

ふと覗いたゴミ箱の中から見覚えのない領収書をみつけたことがきっかけで、その後も不可解な言動や行動が気になったことがあり、疑いを持ったということでした。


調査報告

調査開始後、比較的早い段階で動きがありました。

ある平日の昼下がりに自宅近くのスーパーの駐車場で相手と待ち合わせしたあと、片方の車に乗り込み、そのままホテルへと直行。

数時間の滞在後また駐車場にもどり、それぞれの車で帰って行きました。

調査を続けると、週に1回〜2回程度同様のパターンで密会している模様でしたが、相手の身元を調査したところ、なんとこの浮気相手は調査依頼者の実の弟であったことが判明したのです。

依頼人のショックは計り知れません。