• アーカイブ
  • カレンダー
    9月 2017
    « 7月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    ブログカテゴリ
    過去の記事
      日本調査業協会加盟
      山口県調査業協会登録No.2298
  • 社団法人日本調査業協会は、内閣総理大臣(国家公安委員会)許可を受け、警察を監督官庁とする日本で唯一全国組織として公認された公益法人です。
    当社は山口県調査業協会事務局として活動していますので、山口県で探偵・興信所に依頼をし調査トラブル・苦情等がございましたら遠慮なくご相談ください。悪徳業者を根絶する活動を行っております。
ソリューション画像
友だち追加数
feed
妻と夫の浮気調査事例集

不倫の調査依頼をして事実を知った体験談

トップページ » 不倫の調査依頼をして事実を知った体験談

2017年3月1日


ある時夫のポケットからラブホテルのライターが入っていて、不倫をしているのではと思いました。

タバコを吸う人でもないのになぜこのようなものを持っているのか?


夫の仕事が飲食店なので、客の忘れ物としてライターがあってそれをポケットに入れてあったというのであれば、考えられない事はないのですが、今までそのようなことは一度たりともなかったことなので、不倫はともかく何かあると思い探偵に調査依頼をすることにしたのです。

ライター以外にも怪しい点があったことで、探偵(フォーチュン山口)に調査依頼をしたわけですが不倫の可能性は高いと言うことで、じっくり話しあった結果、調査が開始されました。



一週間は不審な行動があったのですが、相手が現れなかったので、続けて翌週もお願いする事にしました。

翌週に不倫相手が現れ、相手と一緒にホテルに入ったとの報告を受けました。

この話を聞いた時にはやはり事実だったのかと思う一方でがっかりしてしまい、全身の力が抜けてしまいました。

それからは夫に証拠を突きつけ、話し合った結果ひとまず答えを出すのは保留ということになっていますが、事実を知らなければどうなってしまっていたのだろうかと考えたりします。

どちらにしてもこちらに主導権があるので今後についてはゆっくりと考えていこうと思っています。



トラックバック

トラックバックURL


Copyright©2017 FORTUNE All Rights Reserved.