探偵社フォーチュン山口の探偵調査事例集

夫の浮気調査のケース

妻の浮気調査のケース

素行調査のケース

ストーカーのケース

いじめ・嫌がらせのケース

監視調査のケース

夫の浮気で探偵調査(依頼人:奥様)・・・懲りない夫に要注意!!

夫の浮気が発覚!妻は涙ながらに謝罪する夫を見て思った。『二度と浮気はしないな!』が、しかし、念には念をと、一応、行動調査を依頼することに・・・。

調査結果

調査初日、涙の謝罪から数日が経過したこの日、夫は当然のように女性を迎えに行き、そのままラブホテルへ。
2日後、今度は朝からラブホテルへ・・・。この夫に謝罪の記憶は全く無い!調査日程の3日中、ラブホテルへの出入りは2回。
結局、始めから反省などしていなかったのです。涙の謝罪は名演技!

このページのトップへ▲

夫の浮気調査(依頼人:奥様)・・・妻の勘にハズレなし!!

職場と家との往復で女性と会う時間など無いはずの御主人を、それでも女の勘で”絶対に浮気をしている”と調査を依頼された奥さんがいる。
毎日6時半には帰宅し、土日も子ども達と過ごすことが多い、御主人(43才)は、10年以上前から趣味と体力作りの両方を兼ねて、ほぼ毎日、夕食後に自転車で走るという習慣があった。時間は約1時間半ほど。奥さんの証言通りであるとすれば、このサイクリングの時間しかない。

調査結果

調査開始3日目、この2日間のルートと逆の方向へ自転車を走らせ、4キロ先のあるマンションに駐輪すると、8階まで階段を走り登ったご主人はその中の一室に入って行った。
1時間後その部屋から走り降り、自転車を飛ばして自宅に帰ったのだが、時間にしてちょうど1時間半。結局一週間に3度この部屋を訪れていた。
後の調査でこの部屋に住むのは同僚の独身女性であることが判った。長年の習慣の中に浮気の時間をうまく組み込んだつもりの御主人であったが、奥さんの勘は欺けなかったのである。

このページのトップへ▲

妻の浮気で探偵調査(依頼人:ご主人)・どんな相手なのか知っておきたい!!

『妻は最近様子がおかしいが、それは浮気をしているからだろうか?』というお問い合わせは、結構多いものである。Hさん(42才)は、奥さん(41才)が身なりに気をくばるようになり、5キロもダイエットし、香水をよく付けるようになったことで、浮気をしているからだろうか?と心配になり、相談に来られたのだった。

『妻とはとてもいい関係で、浮気をするなんで考えられませんが、たとえそうでも私はまだ小学生の子どもの為に、離婚する気はありません。とにかく妻が浮気をしているとしたら、相手は誰で、どんな人物なのか知りたいと思います。』ということで、5日間の日程で調査をする事になった。

調査結果

調査開始2日目、専業主婦のお奥さんは子どもを学校へ送り出した後、昼前になってバスで外出した。1時間後、あらかじめ連絡を取り合っていたと思われる男性の車へと乗り込んだ。そしてスーパーの惣菜コーナーで買い物をし、その惣菜持参でラブホテルへと入って行った。証拠映像のビデオに映っていた相手の男は 30才代半ばで、身長160センチぐらいの小男。細身、髪は茶色に染め・・・。『やっぱり・・・でも意外です。「男性は背が高く、がっしりしていないと」が妻の口癖だったのに・・・。』と、身長185センチのHさんはがっくりと肩を落とされた。

妻の浮気調査(依頼人:ご主人)・・・早く判れば離婚も回避!!

奥さんが子育てに一段落してパートにでるようになってから半年で様子が変わった。家事や幼稚園に通う娘の事にも関心を持たなくなり、何やかやと理由を付けては夜外出するようになったと、御主人からの調査依頼があった。

調査結果

調査した結果、奥さんは自分のパート先に出入りする営業マンと深い関係になっている事が判った。奥さんの浮気相手の男性にも家庭がありW不倫であったが、厄介なのは奥さんが家庭をも捨てる覚悟でこの相手男性との将来を夢見ていた事であった。調査により事情が明るみに出た途端、男性の奥さんに対する態度は一変し、慰謝料まで支払って『自分の妻には知られたくないのでこれで何とか許して欲しい』と情けない限りであった。色々あったが結局、御主人は娘の為に奥さんを許すことにし、不倫相手の態度の変化に当初自暴自棄になっていた奥さんも御主人の寛大さに触れ、反省の日々を送っているとのことである。

このページのトップへ▲

素行調査(依頼人:娘さんのご両親)偽りの婚約者・娘の幸せを願って!!

娘の婚約相手がどんな男性か知りたい。娘は既に妊娠4ヶ月だから早急に調査をしてほしい。それは切なる願いだった。

調査結果

我々は、さっそく身辺調査を開始した。
依頼者からの情報では、この男性は元会社経営者であり、前妻との離婚の際に一軒家の自宅と会社を取られ、現在は某大手建設会社の本社に勤めているという。
調査資料に目を通している調査員がおかしな事に気が付いた。婚約者の男性が住んでいる場所と勤務先が500km以上離れている。これは何かの間違いだと思った調査員は、地元の支所を調べてみたが、どうも住所地が違う。勤務先の情報自体が間違っている可能性もあるため、出勤する婚約者を尾行調査をすることにした。
翌日、依頼者の娘さんの部屋から出勤する婚約者を尾行する。しかし、地下鉄を乗り継ぎ向かった先は、住宅地の中に建てられた安アパートの一室。とても会社の事務所には見えない。
これはおかしいと思い調査を進めてみると、なんとこの部屋は前妻が住んでいる部屋であると判明!
偶然この日だけかと思い数日間に亘り婚約者を尾行したのだが・・・
婚約者は会社に行くと言い、前妻の部屋へ!
実家へ帰ると言い、前妻の部屋へ!
出張へ行くと言い、前妻の部屋へ!という日々を繰り返していた。
依頼人からの情報では、前妻は離婚の際に一軒屋を取ったということだが、この安アパートは一体・・・
我々は不審な点が多いこの婚約者を徹底的に調査し、全ての事実関係を明らかにした。それは、真実は離婚歴だけという事実!
結局、元経営者という話も、前妻に自宅を取られたという話も全部嘘!
しかし、それを知った時には、既に妊娠4ヶ月。
探偵としてなんとも複雑な心境になった調査でした。

このページのトップへ▲

ストーカー調査(依頼人:OLの方)早期解決が何よりも基本

大学を卒業し、就職したのを機に、憧れのワンルームマンションに一人暮らしをする事になったAさんはマンション入居1ヶ月目位から執拗な嫌がらせを受けるようになった。A子さんが帰宅すると、なぜか直ぐに電話が鳴り、受話器を取っても相手は無言であるという。
それからポストへ『昨日は遅い帰宅でしたね』というような事を書いた手紙が入り始め、深夜ドアをガンガン叩かれたりし始めた。 A子さんは内心マンションの上下左右、いずれかの住人の仕業ではないか?とさすがに思い始めたが、どうしても犯人がわからないという。

調査結果

調査の結果、犯人は意外にも、大学時代から付き合っていた彼の仕業である事が判った。就職して、新しい環境で一人暮らしを始め、以前に比べそっけなくなってしまったA子さんへのストーカー行為であった。

このページのトップへ▲

いじめ調査(依頼人:女子中学生のご両親)・・・手遅れになる前に気付いて欲しい

とても明るい子だったCさん(中学2年)が急に家で喋らなくなり、学校での事や友達関係のことを聞くと『言いたくない』とひどく荒れるようになった。
ひと月ほど前、C子さんがスーパーで万引きをして捕まった時、他に何人かいた連れの名前をどうしても口にしないので、思わず叩いてしまったが、娘は泣き崩れて『いじめられている』『名前を言うともっといじめられる』と、やっと両親に訴えたという事だった。
万引きをしたのも『しないと一生いじめてやる』と言われ、命令されるままに何度か罪を犯したと打ち明けた。
仲良しだったはずの4人グループのうち、C子さんが突然いじめられる側に回ったのは半年前だったという。

調査結果

C 子さんが校門から出てくるのを待っていた3人はC子さんを取り囲むようにして歩く。一見仲良しグループの下校時の風景であるが、女の子達が笑顔で話す内容は『この前の万引きの事、ばらしたら殺す』『お金を1万円出せ』であった。この会話の録音とビデオ撮影の証拠により、C子さんはついに陰湿ないじめから逃げられる事が出来た。

このページのトップへ▲

監視調査(依頼人:敷地内御主人)戦慄!!真夜中の侵入者は!?

夜中に侵入者が・・・!!いった、誰なのか?依頼人は毎晩、自宅の敷地に侵入する何者かに怯え、不安な夜を過ごしていた。

調査結果

監視調査3日目、敷地内から何者かが動いているような音が聞こえてきた。
そう、やっと犯人が現れたのだ!
音の方へ赤外線暗視カメラ向け、辺り一帯を撮影してみると・・・猪?そこには敷地内を走り回る猪の姿が!この後、監視調査をしていた調査員の内2名が猪の突進を受けた。が、幸い無傷。侵入者の正体は猪というなんとも田舎らしい結末でした。

山口県内での探偵調査はフォーチュンへお任せください!調査実績が多く経験豊富です!